熱回収で利用可能なエネルギーをすべて活用

熱回収システムでコストを削減

廃熱状態の熱、熱水、または熱風はほとんどあらゆる生産サイクルの結果として生じますが、無駄に捨てられなければならない必要はありません。BPHEの熱を使用すれば、他目的用に熱を回収・再利用し、二酸化炭素の排出量削減、ならびにメーカーとエンドユーザー双方のコスト削減に貢献できます。


BPHEソリューションの熱回収での用途

弊社の空気圧縮機の詳細についてお読みください

弊社には熱電併給ソリューションがあります

オーガニックランキンサイクルシステムのソリューション

過熱冷媒ガスから熱を回収

 


空気圧縮機からの熱回収

圧縮空気システムからより多くのエネルギーを回収し、生成されたエネルギーの大部分を利用します。

産業用に使用される全電力の約10%が圧縮空気システムで占められています。このエネルギーの大部分は目的もなく熱に変換されます。つまり、効率の悪いシステムでは、エネルギーを生成した後に冷却ファンでそれを除去するためにより多くのエネルギーを使用します。エネルギー回収により、コストと二酸化炭素排出量の両方を大幅に削減できます。

  • 総電気入力の96%が回収可能。

  • 迅速な元金回収。

  • オイル潤滑式圧縮機ではオイル冷却が主な冷却源であり、回収率は最大81%。圧縮空気でさらに15%を回収。

  • オイルフリー圧縮機では、圧縮空気が主なエネルギー源であり、回収率は最大91%。トランスミッションオイル冷却でさらに5%を回収。



情報リクエスト

Airflux - 効率的な熱回収ソリューションによる大幅なコストと二酸化炭素排出量の削減

フランスのリールを拠点とするAirfluxは、フランス市場向け空気圧縮機の大手供給業者です。

熱回収率を最大化するため、AirfluxのエンジニアはEcosphの空気エネルギー回収システムを設計しました。その目的は、空気圧縮機で発生した熱エネルギーを回収することです。

こちらでサクセスストーリーを読む

 


熱電併給(CHP)を使用した熱回収

熱の回収と利用による同時発電

従来の熱電併給システム(CHPとも呼ばれる)は、約40%の効率で発電します。このシステムの有効利用にあたって、ジャケットウォーター、潤滑油、および排気ガスから熱エネルギーを集めるコージェネレーションシステムを設置できます。それから熱交換器を介して温水を生成でき、これにより総エネルギー利用効率が実質的に向上します。

熱電併給エンジンは、遠隔地における信頼性の高いエネルギー生成および病院やモバイルパワーパックの非常用電源に最適です。ピーク時の追加エンジンとして使用することもできます。

  • 発熱と発電の組み合わせで総エネルギー効率を90%以上向上。

  • 長期のメンテナンス間隔のための高性能と優れた応答性が完全一致

  • 水冷発電機はヒーター容量を追加し、不要な熱放射を最小化

  • 給気冷却器の効率的な使用による低排気

  • 高エンジン出力



情報リクエスト

トマトに光を当てる

弊社の顧客であるGE JenbacherはガスエンジンCHPシステムの最も有名なメーカーの1つです。

出力が4MWのGE Energy製単一J624は約9000軒のヨーロッパの家庭の電力需要を賄えます。 さらに、この主力商品はヨーロッパ中で消費されるオランダのトマトに光を当てるのにも役立ちます。

こちらでサクセスストーリーを読む

 


オーガニックランキンサイクルからの熱回収

低温排熱回収からの発電

オーガニックランキンサイクルは、地熱、太陽熱、産業廃熱などの低温源から廃熱を回収し、それを電気に変えることを経済的に可能にする持続可能な技術です。

ORCシステムが廃熱回収する際のクリーン電力

日本企業の第一実業がORCシステムを導入した際、同社のエンジニアは通常の熱交換器以上のものが必要であることを分かっていました。

 

大部分の廃熱温度が150℃未満の場合、現在の技術ではプロセスを中温から高温(260℃以上)の熱源に限定していました。しかし、より低い温度の場合に適応する新技術が登場しています。

こちらでサクセスストーリーを読む

熱回収ソリューションを応用したRank®ORCテクノロジー

ORCRANK®機器の容量は2~100 kWeです。低温機器の起動範囲は85°Cからです。SWEPの熱交換器は、エコノマイザー、蒸発器、および凝縮器として設置されています。

こちらでサクセスストーリーを読む

 


冷却装置による熱回収

高温過熱冷媒ガスのエネルギーを利用

空冷凝縮器を有する産業用冷凍システムは、凝縮エネルギーを周囲空気に放出することによってエネルギーを浪費します。過熱回収器を設置することで、この廃熱の大部分は多くの目的に使用できる温水に変えることができます。

ブレージングプレート式熱交換器(BPHE)は、余分な熱を冷却システムから除去できる不可欠なツールです。過熱回収器として設置されたBPHEが、圧縮機と凝縮器との間に挿入されます。これにより、BPHEは気体が凝縮器に入って凝縮物(凝縮によって集められた液体)になる前にガスから熱を抽出できます

BPHEの設置は、高温処理冷却装置を対象とした最近のEUエコデザイン指令を満たす高要求の効率レベルを高めるのに役立ちます。また、ガスから熱を抽出して最大91%の回収率を達成し、さらにトランスミッションオイルからさらに5%回収することもできます。



情報リクエスト

 


プロセス産業内の熱回収

高い熱伝達と低い流動抵抗

一般的な産業では、他の目的のために再利用できる蒸気や熱水といった工程によって生じる過剰な熱を大量に消費します。この場合の課題は、パフォーマンスを犠牲にすることなくメンテナンスと運用コストを最小限に抑えることです。

Göteborg Energi社が見る大きな可能性

西部スウェーデンの主要エネルギー会社であるGöteborg Energi社は1952年以来ヨーテボリ市に地域暖房を供給してきました。

熱回収ブロックステーションは、旧時代的な技術的設定を置き換えました。このBPHEに必要なスペースは以前の熱交換器のサイズの半分未満です。

こちらでサクセスストーリーを読む

 


情報リクエスト