次世代の地域エネルギー冷暖房ネットワーク

地域エネルギーシステムの優れたライフサイクルコスト。

二酸化炭素排出量が少なく、コンパクトで信頼のおける効率的な家庭、オフィス、学校および病院用暖房および/または冷房。世界中で数百万の設置数という実績。迷うことはありません。そこにはメリットしかありません。

興味をお持ちですか?「SWEP BPHEの4つの主な利点」(英語)をお読みください

ダウンロード

効率的な家庭用暖房

効率的なビル用冷房

詳細については、お問い合わせください

お問い合わせ

 


 

地域暖房

世界中の寒冷地にある多くの都市は、熱ネットワークを通じて供給される地域エネルギーシステムの恩恵を受けています。このための技術は比較的シンプルです。すなわち、1基または複数の集中型プラントによって供給される温水は、家庭やオフィス、病院、学校、工場など必要とされる場所に暖房を提供するため、配管システムを通して運ばれます。地域暖房システムには、二酸化炭素排出量の削減やライフサイクルコストの削減など、様々な利点があります。

地域暖房の導入事例

凝縮ボイラーなどの中央熱源に接続されたラジエーターは、対流により室内の空気を加熱してラジエーターから周囲の空気に熱を伝達するよう設計されています。これは接続パイプを介して温水を引き込むことによって行われ、その後、温水は建物内のラジエーターにそれぞれ送り込まれます。

ほとんどの床暖房システムは、放射熱源、通常ボイラーまたは温水ヒーターから放射エネルギーを伝達するために放射熱の原理を使用します。温水は床下の熱交換器を通って流れます。これは集合住宅や戸建住宅から大規模なオフィス、他の商業施設に至るまで、幅広く使用されています

システムには2種類あります。集中型は通常、大規模建物の地下室に設置され、建物内のすべてのユーザーに分配する水を加熱するために使用される集中暖房ユニットです。一方、分散型では熱交換器が住宅団地の各建物に設置されているため、各集合住宅またはオフィスに個別に供給されます。

熱交換器は、ベースユニットと住居用または工業用/商業用建物のサブステーションとの間のリンクとして機能し、従来の並列または2ステージ構成で配置できます。このようなシステムを駆動するSWEP 2ステージブレージングプレート式熱交換器ユニットは、プレヒーターとアフターヒーターを兼ね備えています。これにより、ラジエーター回路の熱交換器からの返流水を家庭用水の予熱に使用できます。

 


 

地域冷房

暑い気候の都市では、地域エネルギーシステムを利用して冷房が行われます。地域暖房と同様に、これを実現するための技術は比較的シンプルです。冷却エネルギーである冷水は集中的に生成され、閉回路を介してユーザーまで運ばれます。また、地域暖房の場合と同様に、これは二酸化炭素排出量の削減、コスト効率および信頼性の高い方法で実現できます。

地域冷房の導入事例

地域冷房は、オフィスや工場などの建物に冷水を供給します。冷却エネルギーである冷水は集中的に生成され、閉回路を介してユーザーまで運ばれます。このようなシステムは信頼性およびコスト効率が高いうえ、ランニングコストおよびメンテナンスコストが低く、冷媒などの有害物質が発生源で除去されます。

高層建築で使用され、これにより冷水への圧力損失の影響を低減され高階層の冷却装置に到達できます。熱交換器は、建物の1階から最上階まで一定の間隔で(例:10階または15階ごとに)設置され、中央冷却装置からの「リンク」を提供します。プレッシャーブレーカーの設計は、地域暖房システムで使用されるサブステーションのBPHEと同様です。

フリークーリングは、水の冷却を補助するために低い外気温度を使う経済的な方法です。そして、これは産業用プロセスまたは空調システムに使用できます。冷却水はすぐに使用、または短期・長期保存できます。冷却源と冷却装置の間に熱交換器が仲介物として配置されます。主な用途は、空調およびプロセス冷却です。氷蓄熱も同様で、氷が生成された後、日中の冷房に使用されます。構成はフリークーリングと同様です。

地域エネルギーBPHE - 小規模

地域エネルギーBPHE - 中規模

地域エネルギーBPHE - 大規模

地域エネルギーBPHE - 特大規模

ご相談ください

相談日時を決める