エンジン

中速および高速の往復動内燃エンジンには、ほぼ間違いなくブレージングプレート式熱交換器(BPHE)油冷装置が搭載されています。ただし、シェル&チューブなどの従前の技術が使われている市場もあります。エンジンブロックの内側に搭載された開回路プレート式熱交換器も、低能力の比較的高速のエンジンにおいては一般的です。外部の油冷装置を使用する利点は、整備手順が簡単で、油冷能力がモジュラー式で面倒でないことです。

当社には、最高出力15MWまでのエンジンの油冷装置アプリケーション用に特別開発したBPHEのラインアップがあります。これらは、限られた外寸と液体の圧力損失、および冷媒の高流量といった課題に対処します。

関連製品