BPHEはペットボトルを製造

清涼飲料業界はポリエチレンテレフタレート(PET)ボトル開発の裏舞台における主な推進力でした。

1960年以前は、ほぼすべての炭酸清涼飲料は、小さな返却可能なガラス瓶に入れられてました。これらは、現在では軽量で、頑丈、再利用可能なPETボトルにほぼ完全に切り替わっています。

PETボトルは1つまたは2つの工程で製造できます。イタリア企業のSIPAは顧客に特定のプラスチックのパッケージニーズを満たすため両方の技術を提供します。SIPAの技術はプリフォーム発泡プロセスと射出成形を統合し、1つの機械でボトルをプラスチック樹脂から直接得られるようにしました。プロセスで使用される油圧機器のオイルは冷却される必要があります。これはスウェップ社のコンパクトなブレージングプレート式熱交換器(BPHE)にとって理想的なアプリケーションです。

問題

プロセスは2つの部分に分かれています。すなわち射出成形とプリフォーム発泡です。プラスチックの粉末が溶融されてプリフォームを形成する射出成形段階において、油圧オイルはプレス機の開閉に使用されます。油圧オイルは熱くなるため冷却する必要があります。ボトルは飲料水に利用されるため、食品衛生基準を満たしていることが必須です。このため製造環境は消毒殺菌されるため、スチール製熱交換器にとっては侵攻性のあるものとなります。

ソリューション

スウェップ社のBPHEが選択されたのは、高性能であること、このアプリケーションで必要とされるコンパクトさとを兼ね備えているためです。スウェップ社のBPHEは複雑でない外形とシンプルなコネクタを備えているため、このアプリケーションにおいて遭遇する侵攻性の製造環境下でユニットを塗料で保護するのが簡単です。シェル&チューブ(S&T)熱交換器は過去に使用されましたが、その性能は十分でなく、大きすぎるとみなされていました。

システムの説明
PETボトルプロセスのプレス段階における油圧オイルは頑丈なスウェップ社のBPHEで冷却されます。B45モデルが通常使用されますが、もちろん熱交換器に必要とされるサイズは、ボトル製造ユニットのサイズとシステムに提供される冷却水の品質(温度、流量など)に左右されます。

利点。このソリューションにおいて、スウェップ社のBPHEは以下を提供します。

  • アプリケーションに必須のコンパクトさ
  • 信頼性と最低メンテナンスの頑丈さ
  • 侵攻性の環境における保護を容易にする外形のシンプルさ
  • 低運転コストの高性能